何かと忙しい現代、手作り感あふれる「ブリキのおもちゃ」で癒されよう!

「ブリキのおもちゃ」は以前から人気の高いアイテム!

オンラインゲームやドローンなどをはじめとして、「おもちゃ」の世界にもハイテクが導入されるようになって来つつある現代。そんな中で、手作りの良さやぬくもりを感じさせる昔ながらのおもちゃが見直され、静かな人気を呼びつつあります。そんな手作りおもちゃの中でも特に以前から人気が高いのが、「ブリキのおもちゃ」です。ブリキで作られたロボットや人形、飛行機やミニカーなどなど熱心なコレクターが多く、レアなおもちゃの場合は高値で取引されことも多くあります。今回はそんなブリキのおもちゃの魅力について少し紹介してみます。

日本のブリキのおもちゃの歴史とは?

そもそも「ブリキ」とは金属の錫(スズ)をメッキした鋼板のことで、今でも缶詰や金属製のバケツなんかに良く使われていますよね。ブリキのおもちゃが日本に登場したのは明治時代になってからで、当時は石油の空き缶などを利用して作っていたそうです。大正時代になると日本のブリキのおもちゃは海外に輸出されるようになり、本場のドイツと並ぶ人気を呼びました。終戦後は進駐軍の残した空き缶などを利用して再び作られ始め、1950年代から60年代にかけてはアメリカなどで大人気となり戦後の日本の輸出産業を支えたとも言われています。現在でもこの時期に作られたブリキのおもちゃは大変人気が高く、高価な値段で取引されるものが多くあります。

コレクションやインテリアにも最適!

高度成長期に入って安価で製造のしやすいプラスチックのおもちゃが沢山登場するようになり、ブリキのおもちゃは次第に姿を消していきました。しかし現代になってもそのレトロな魅力に惹かれる人が多く、熱心なコレクター以外でもブリキのおもちゃを愛好する人は少なくないようです。ブリキのおもちゃの魅力は、なんといってもその手作り感とレトロ感、癒し感にあるのではないでしょうか。最近では、おしゃれな部屋のインテリアとしても人気が高く、また美術のモチーフに用いられるなどさまざまな楽しみ方が広がっています。もし機会がありましたら、ぜひ一度ブリキのおもちゃを楽しまれてみてはいかがでしょうか?

おもちゃというと幼児が使うような物が想像出来ますが、どんな物でも買い取ってくれます。いらなくなったおもちゃの買取はおすすめです。

Back To Top